加圧トレーニングやヨガで効果を実感|気持よく体を動かす

ジム

まずは心の余裕から

運動

快眠につなげる

ヨガはゆっくりを体を動かしながら呼吸法を取り入れて行なうエクササイズの1つとも言われ、一時期はブームとなったことがありました。しかし体を引き締めたいと考えたり体を動かしたいと思っていても、なかなか時間を取る余裕を持つことができない人もいます。そのような人は寝たままでも行なうことができるヨガをすると良いです。時間に余裕を感じない人は気持ちにも余裕を感じていない場合があり、少しでもリラックスできるようにすることでストレス解消にもなりますし、快眠にもつながり疲れが取れやすくなります。ポーズもいたって単純で、仰向けに寝転がって少し手と脚を開いてゆっくりと呼吸していきながら心身を整えていく、これだけで良いのです。

心をリラックスさせる

寝ヨガとよばれるこのポーズを行なう特徴は、心を体をリラックスさせ穏やかな活力を引き出す効果があり、快眠にもつながっていくのです。しかし寝ヨガのポーズをしたまま眠ってしまうことは良くありません。かえって逆効果となる可能性があります。意識を保ちながらそのポーズを崩さずに20分ほど続けると良いです。瞑想するとさらに良い効果を引き出せます。ヒーリング音楽を聞きながら行なうのも良いです。そして気持ちに余裕ができますと「何かしようという」という少しの時間の余裕も不思議と現れてくるもので、そこから体を使ったヨガを始めるとまた良い効果を出していくことができるようになります。ヨガはゆっくりと行なうことが重要で、体に負担をかけないようにすることが大事です。